きくみるはなす熊野・嶋津集落縁坐舞台「出逢い編」

 

きくみるはなす熊野・嶋津集落縁坐舞台「出逢い編」
10熊野コンテンツ集め 086.jpg 

 

飛び地である嶋津は、三重県と奈良県の間に

挟まれた小さな小さな和歌山県です。

面積が3,5住民は現在14人。

その平均年齢が70歳だったところが、

昨年赤ちゃんが誕生し、65歳になりました。

お店も旅館も自動販売機もありません。

あるのは300年以上前からある原生林と熊野川、自然だけです。

そして、長い間そこで暮らしてきた人々がいます。

 

和歌山市内に住んでいる私、岩橋は、仕事で熊野の森林整備の合間に、

その地とその地で暮らし続けている方たちと出会い、お話を少しずつ伺う

機会がありました。

・川を渡って小学校へ通ったこと

・嶋津にお嫁に来たこと

・そして、昨年9月に起きた台風の事

作業の合間に伺うだけではもったいない!なんとかきちんとお話を伺う時を

作りたい!と考えていました。

ひょんなご縁をいただいて、縁坐舞台をひきいておられる橋本久仁彦さんに

お会いし、その舞台を体験した時に、人のお話の伺い方、その距離感、メンバーの

皆さんの即興表現に魅せられました。そして、嶋津でぜひこの方たちにやってい

ただきたい!と強く思いました。

 

この度、熊野でワークショップをされる青木将幸さんと橋本さん、そしてシアター・坐・フェンスのメンバーにお願いして、嶋津での出会いの場を設けていただけることになりました!!

 

きくみるはなす熊野・嶋津集落縁坐舞台「出逢い編」 

 

日時:615()13時〜15

場所:嶋津公民館または外

講師:橋本久仁彦さん

関わる人:シアター坐フェンスメンバー、青木将幸さん、岩橋由莉

お問い合わせ・お申込み:haraiso887@gmail.com(岩橋まで)

 

 


きくみるはなす 縁坐舞台とは …
日本人古来の存在感にもとづく即興芸能です。
「ご縁」のある者が、ある日ある所に集い「坐る」。

地域の話し手が語ることばを丁寧に聞き受け、
その心情や存在感を「舞台」にて表現します。

するとその場にいる者すべてが話し手の心に触れ、
様々な目に見えぬご縁を感得することができます。

 

橋本久仁彦さんプロフィール・・・

「高校教師時代はカール・ロジャーズのパーソン・センタード・アプローチに基づく「教えない授業」を実践。その後アメリカやインドを遊学し、人間同士の情緒的なつながりや一体感とともに発展する
有機的な組織作りと、エネルギーの枯渇しない自発的で創造的なコミュニティの建設に関心を持ち続けている。
平成2年より龍谷大学学生相談室カウンセラー。様々な集団を対象とした非構成的エンカウンターグループを行う。
平成1312月に龍谷大学を退職、
プレイバックシアタープロデュースを立ち上げ、プレイバックシアター、エンカウンターグループ(円坐)、サイコドラマ、ファミリー・コンステレーション、コンテンポラリーダンスなど、フィールド(舞台)に生じる磁場を用いた欧米のアプローチの研究と実践を積み重ねるも、このたび、10年間の活動を終え、その看板を下ろす。
現在は、フェンスワークスの傾聴空間建築部門担当。
即興芸能「きくみるはなす縁坐舞台」の“シアター・坐・フェンス”座長。
縁坐や円坐を窓口に、日本の伝統文化や民族の由来をのぞき込む毎日。」

 

青木将幸
1976
年、和歌山県新宮市生まれ。環境NGOでのボランティア活動や、企画会社勤務を経て2003年に青木将幸ファシリテーター事務所を設立。以来、様々な会議や話し合いの進行役として全国各地で活動している。台風12号の後に「熊野復興基金」を設立し、寄付を集める。熊野出身者として、地元の役に立つことをやっていこうと模索中の36才。現在は淡路島在住。http://www.aokiworks.net/index.html






calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

mobile

qrcode